フランス語文法の全体像の把握を目指す、構文把握力・読解力重視の無料オンライン フランス語講座。

強調構文の練習問題の答え

強調構文の練習問題の答え

【練習問題 - 強調構文】の答えです。

1)  La présence de la mort donne un sens à la vie.

逐語訳:「死の存在は人生に意味を与える」。
文の要素に分けると、「La présence de la mort」が主語(S)、「donne」が動詞(V)、「un sens」が直接目的(OD)、「la vie」が間接目的(OI)の第5文型です。
もとの文の主語を強調する場合は c'est ~ qui を使い、次のようになります。

  C'est la présence de la mort qui donne un sens à la vie.

「人生に意味を与えるのは、死の存在だ」または
「死の存在こそが、人生に意味を与えるのだ」となります。
これはモーリス・ジュヌヴォワ(Maurice Genevoix)という人の言葉です。

2)  L'on peut trouver la plus grande solitude dans les villes les plus peuplées.

逐語訳:「人は、(非常に)人口の多い都市では、最も大きな孤独に出会うことがある」。
「peut」は「~できる」なので、出会うことが「できる」と訳すこともできますが、「~しうる」「~ありうる」と、可能性の意味に取ることもできます(英語の may と同様)。
「trouver」は「見つける」ですが、「出会う」と訳してもよいでしょう。「les villes les plus peuplées」は最上級なので「最も人口の多い都市」ですが、複数形になっているので、「世界(またはヨーロッパ)屈指の大都市」という感じです。とりあえず「非常に人口の多い都市」としてもよいでしょうし、単に「大都市」でもいいでしょう。
文の要素に分けると、「L'on」が主語(S)、「peut trouver」が動詞(V)、「la plus grande solitude」が直接目的(OD)、「dans les villes les plus peuplées」は状況補語です。
状況補語、つまりもとの文の主語以外の要素を強調する場合は c'est ~ que を使い、次のようになります。

  C'est dans les villes les plus peuplées que l'on peut trouver la plus grande solitude.

「人が最も大きな孤独に出会うことがあるのは、大都市においてである」または、
「大都市においてこそ、人は最も大きな孤独に出会うことがある」となります。
これは、17世紀の劇作家ラシーヌの言葉です。




ページトップへ
戻る

Vous êtes le 3855ème visiteur sur cette page.
aujourd'hui : 1 visiteur(s)  hier : 3 visiteur(s)


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional