フランス語文法の全体像の把握を目指す、構文把握力・読解力重視の無料オンライン フランス語講座。

l'un_l'autre

l'un l'autre

このページでは、「再帰代名詞」と一緒に使われることの多い l'un l'autre (互いに、互いを)という表現について取り上げます。

l'un l'autre は「互いに」という意味の熟語で、l'un と l'autre の間に前置詞が入る場合と、入らない場合があります。
英語の each other に相当しますが、もともと「un」は「 1 つ」、「autre」は「他の」という意味なので、むしろ英語の one another (これも「互いに」という意味で使われます)に近いともいえます。
仏和辞典で un (辞書によっては autre )を引くと、最後のほうの「不定代名詞」の項目(熟語欄ではなく)にこの表現が記載されています。

「互いに」という意味からして、かなりの割合で再帰代名詞(相互的な意味)と一緒に使います(特に、下記「 1. l'un と l'autre の間に前置詞が入らない場合」は、すべて再帰代名詞とセットで使います)。
「l'un ( + 前置詞 + ) l'autre」は、文の要素としては「状況補語」になり、これを省いても文が成り立ちます。
人についても物についても使われます。

単数形と複数形は、内容的に片方だけを取り上げて単数なのか複数なのかによって使い分けます (具体例は下記)。

男性女性
単数l'un l'autrel'une l'autre
複数les uns les autresles unes les autres

発音は、複数形の les と uns の間、および les と autres の間でリエゾンします(les uns les autres は「レザン レゾートル」、les unes les autres は「レズュヌ レゾートル」と発音)。

1. l'un と l'autre の間に前置詞が入らない場合

例えば「再帰代名詞」のページで取り上げた例文、

  Ils se regardent. (彼らはお互いを見つめあう)

という場合、再帰代名詞の se だけでも「お互い」という相互的な意味がありますが、再帰代名詞には他にも意味があるので、「お互い」という意味であることを明確にするために「l'un l'autre」を補って次のように言うこともできます。

  Ils se regardent l'un l'autre.

regarder (見つめる)という動詞は、第 3 文型をとる直接他動詞なので、l'un と l'autre の間に前置詞は入りません。

「Ils」は上では便宜上「彼ら」と訳しましたが、男二人ではなく、男と女の場合も ils を使うので、男女の恋人同士が見詰め合っているとも取れます(文脈次第です)。

女性二人が互いに見詰め合っているなら、次のようになります。

  Elles se regardent l'une l'autre.

ここで上の表の「l'une l'autre」(女性単数)を使っているのは、女性は二人ですが、片方だけを取り上げると女性単数だからです。

もし男達の 2 つのグループ同士が(喧嘩でもするために)見詰め合っている(にらみ合っている)なら、次のように男性複数の「les uns les autres」を使います。

  Ils se regardent les uns les autres.

同様に、女達の 2 つのグループ同士が見詰め合っている(にらみ合っている)なら、次のように女性複数の「les unes les autres」を使います。

  Elles se regardent les unes les autres.

2. 前置詞 de, à が入る場合

前置詞 de や à を伴う動詞と一緒に使う場合は、l'un と l'autre の間に前置詞が入り、次のような形になります。

男性女性
単数l'un de l'autrel'une de l'autre
複数les uns des autresles unes des autres


男性女性
単数l'un à l'autrel'une à l'autre
複数les uns aux autresles unes aux autres


例えば、éloigner (遠ざける)という動詞は éloigner A de B (A を B から遠ざける)という使い方をしますが、この「A」の部分が再帰代名詞「se」に代わると、「s'éloigner de ~」で「自分を~から遠ざける」、つまり「~から遠ざかる」となります(この場合は再帰代名詞は自動詞的・受身的な意味です)。
主語を複数にして再帰代名詞を相互的な意味で使用し、両者が「互いに」遠ざかることを明確にしたい場合は、次のようになります。

  Ils s'éloignent l'un de l'autre. (彼らは互いに遠ざかる)

éloigner が de と一緒に使う動詞なので、l'un と l'autre の間に de が入るわけです。

あるいは、再帰代名詞を使わない例を挙げてみましょう。
例えば présenter (紹介する)という動詞は présenter A à B (A を B に紹介する)という使い方をするので、ある人が A さんを B さんに紹介し、同時に B さんを A さんに紹介する場合は、(「A さんまたは B さん=私達」という視点からすると)次のようになります。

  Il nous présente l'un à l'autre. (彼は私達を互いに紹介する)

「Il (彼は)」が主語(S)、「nous (私達を)」が直接目的(OD)、「présente (紹介する)」が動詞(V)の第 3 文型で、これだけで文は完結しています。「l'un à l'autre」は状況補語です。
この「l'un à l'autre (互いに)」の「互い」とは、直接目的(OD)の「私達」を指しています。このように、「互いに」が主語以外の要素を指す場合もあります。

なお、動詞だけでなく、形容詞でも特定の前置詞(de や à )と一緒に使う形容詞があるので、その場合にも該当する前置詞を間に入れます。

3. de, à 以外の前置詞または前置詞句が入る場合

de や à を伴う動詞や形容詞とのつながりとは関係なく、表したい意味に応じて、任意の前置詞または前置詞句を l'un と l'autre の間に挟むこともできます。ただし、よく使われる前置詞・前置詞句というのはある程度決まっています。
例えば、よく使われる前置詞 après (~のあとで)と前置詞句 à côté de (~の脇で)を例に取ってみます。

男性女性
単数l'un après l'autrel'une après l'autre
複数les uns après les autresles unes après les autres


男性女性
単数l'un à côté de l'autrel'une à côté de l'autre
複数les uns à côté des autresles unes à côté des autres


après という前置詞は空間的・時間的に「~のあとで」という意味なので、これが「互いに」と組み合わさって「互いに前後して」というのが元の意味だとも言えますが、むしろ「l'un après l'autre」で「一つのあとでまた一つ」というのが元の感じに近いかもしれません。文脈によって、「代わる代わる、次々に、相次いで」という意味にもなります。英語の one after the other に似ています。
例えば次の例文は、地球温暖化の話で出てくる文です。

  Les îles disparaissent les unes après les autres.
    (島々が相次いで消えている)

「îles」は女性名詞 île (島)の複数形。
「disparaissent」は自動詞 disparaître (消える)〔英語 disappear〕の現在(3人称複数)。
「Les îles disparaissent (島々が消える)」だけで文が完結しており(第 1 文型)、「les unes après les autres」は状況補語になっています。
disparaître という動詞は、特に前置詞 après とセットで使うわけではなく、「相次いで」という意味にしたいために「les unes après les autres」を付け加えているだけです。
この例では女性複数が使われていますが、これは島が一つ一つ消えるのではなく、一度にいくつかずつ、まとまって消えるために、複数形になっています。「三々五々」という感じです。

「à côté de」は「~の脇で」という意味の前置詞句です。辞書で côté (脇)を引くと熟語として載っています(ちなみに、アクサンテギュのない côte は「肋骨」という意味なので要注意)。
「l'un à côté de l'autre」で「互いに脇になって」、つまり「並んで」という意味になります。

  Ils marchent l'un à côté de l'autre. (彼らは並んで歩く)

「marchent」は自動詞 marcher (歩く)の現在(3人称複数)。「Ils marchent」で第 1 文型で、「l'un à côté de l'autre」は状況補語です。
こうした前置詞句の場合は、前置詞句に含まれる最後の de だけを l'un と l'autre の間に挟んで、

  Ils marchent à côté l'un de l'autre.

言うこともあります。

その他、

  • l'un と l'autre の間に前置詞ではなく接続詞(et, ou など)が入る
  • l'un... l'autre... で「一方は... 他方は...」「あるものは... またあるものは...」

などの場合がありますが、ここではとりあえず省略します。辞書の un の項目(辞書によっては autre の項目)に載っていますので、参照してください。













ページトップへ
戻る

Vous êtes le 11262ème visiteur sur cette page.
aujourd'hui : 6 visiteur(s)  hier : 3 visiteur(s)



powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional