フランス語文法の全体像の把握を目指す、構文把握力・読解力重視の無料オンライン フランス語講座。

指示形容詞・指示代名詞

指示形容詞・指示代名詞

指示形容詞 ce

  • この」「その」「あの」というように物を指し示すする言葉を指示形容詞と言います。英語の this, that に相当します。
  • 表 I のように 3 つの形になりますが、これは後ろにくる名詞(男性単数か女性単数か複数か)に合わせて変化するだけで、いずれも「この」「その」「あの」のどの意味にもなります
    英語・日本語との対応関係を示したのが右の表です。
男性女性
単数cecetcette
複数ces

図 I : 指示形容詞の変化

仏語英語日本語
cethisこの
thatその
あの

図 II : 英語・日本語との対応

  • 男性単数で、後ろにくる名詞が母音で始まる場合は、発音しやすくするために、カッコ内の「cet」という形になります(これを「形容詞の男性第 2 形」と言います)。
  • 前述のように、フランス語の ce は、英語の this の意味と that の意味を兼ねています。
  • this と that のどちらの意味かをはっきりさせたい場合は、名詞の後ろに「-ci」「-là」をつけて区別します。「-ci」をつけると this の意味、「-là」をつけると that の意味になります。
    • ce livre-ci (this book)
    • ce livre-là (that book)

指示代名詞 ce

  • 指示代名詞 ce は、母音で始まる言葉の前では「c'」となります。
    ça」は「cela」の口語表現です。
これそれ
無強勢形cec')
強勢形cecicela (ça)
  • 指示代名詞 ce は、漠然と「これ」「それ」という意味。男・女の区別も、単数・複数の区別も存在しません。人についても、物についても使います。
  • ce は原則として être の主語として使います。つまり、「C'est ~ (それは~です、これは~です)」という形で使います。
    これは前に出てきた具体的なものを指すのではなく、初めて紹介する時などに(特定化される以前の段階で)使用します。前に出てきた具体的なもの(特定化されたもの)を指すには、人称代名詞を使用します。

  C'est mon père. Il est fonctionnaire. (これは私の父です。彼は公務員です)

  • ce は関係代名詞の先行詞になると、「...なもの」「...なこと」という意味になります(英語の先行詞を含む関係代名詞である what に相当する表現になります)。
  • 会話では一般に「ceci」よりも「cela」のほうがよく使われます(「ceci」は主に「cela」と対比する場合に使います)。
  • ceci は「以下のこと(これから述べること)」、
    cela は「以上のこと(これまで述べてきたこと)」
    の意味でも使います(ただし両者は混同されて逆に使われることもあります)。
    特に、「漠然と前の文脈全体を指す cela」(「そのこと」という意味)は頻出します。

指示代名詞 celui

  • 指示代名詞 celui は前に出てきた名詞に合わせて 4 つの形に変化します。
  • それぞれの形を分解すると、「ce」に人称代名詞の強勢形lui」「elle」「eux」「elles」(順に 3 人称単数男性、女性、複数男性、女性)をくっつけた形でできています。
男性女性
単数celuicelle
複数ceuxcelles

 1. 単独で使う場合

  • 使い方は英語の that と同じです。例えば、英語の

  the voice of a man and that of a woman (男の声と女の

は、フランス語では次のようになります。

  la voix d'un homme et celle d'une femme (男の声と女の

辞書には「それ」という訳が載っていることもありますが、「男の声と女のそれ」と訳すと、ぎこちなくなるので、一部の硬い文章を除いて、避けたほうが無難です。

「voix (声)」が女性名詞で単数形のため、「celle」という形になっていまます。

  • 正確に言うと、男性形・女性形のどちらを使うかは、前に出てきた名詞(celui が指す名詞)が男性名詞か女性名詞かに応じて決まりますが、単数形・複数形のどちらを使うかは、内容(その場の意味)によって決まります。
    つまり、単数・複数は、必ずしも前に出てきた名詞に合わせる必要はありません。

 2. -ci, -là をつける場合

上の 4 つの形に、それぞれ -ci, -là をつける場合があります。

  • 基本的には、「-ci」がつけば近くのもの、「-là」がつけば遠くのものを指します。

  「celui-ci」「celle-ci」は「こちらのもの」〔英語 this one
  「celui-là」「celle-là」は「あちらのもの」〔英語 that one

  • 文章中の言葉を指す場合は、原則として「celui-ci」等は近くの名詞を、「celui-là」等は遠くの名詞を指します。
    ただし、「celui-ci」を単独で用いて、かなり遠くの名詞を指すこともあります。
  • 直前の文の中に、代名詞が指しうるものが複数存在する場合は、普通は
    • 人称代名詞の 3 人称である il, elle, ils, elles を使うと、
        直前の文(または)の主語
      を指します。
    • 指示代名詞 celui-ci, celle-ci, ceux-ci, celles-ci を使うと、
        直前の文(または)の主語以外のもの
      を指します。

















ページトップへ
戻る

Vous êtes le 73698ème visiteur sur cette page.
aujourd'hui : 8 visiteur(s)  hier : 67 visiteur(s)



powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional